FC2ブログ

苺な彼とビールな僕

. そばにいて、愛しい人 ~恋人編~ 20












~Yside~










「ユ、ユノさん、待って!!」




「いいから黙って」




「………で、でも…んっ///」







リビングから攫うように君を抱いてベッドルームへとなだれ込む





逃げようとする体をシーツへと縫い付けてそのまま唇を塞いだ






……どうやったら伝わるんだろう






こんなにも君に夢中だってこと

こんなにも君を愛してるってこと





身体中がきみを欲していて、君なしではとても生きていけそうもないのに






固く結んだ唇を解くようにペロリと舐めると、驚いて目を見張る君が愛おしい






だってね、もうとまらないんだ







シャツの隙間から撫でる素裸はしっとりと汗ばんでいて






ああ、このまま暴走してしまいそうだよ







「………ん、ユノ、さ///」




「チャンミン」




「……ダ、ダメ、です///」




「どうして?」




「だって、シャワーも浴びてないし、その……///」




「……その?」




「あ、汗臭いし、あの……」




「ん、甘い匂いしかしないよ」




「………あっ///」







触れるたびピクピクと跳ねる首筋に舌を這わせて、真っ赤になった耳に舌を差し込んだんだ


































ご訪問ありがとうございます(⑉• •⑉)♡

ポチッとしていただけると妄想ばびゅんと爆走いたします.。o(♡)



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




関連記事
この記事のトラックバックURL:http://yukision.blog.fc2.com/tb.php/3252-634a9641
. プロフィール

紫苑☆

Author:紫苑☆
FC2ブログへようこそ!

. カテゴリ
. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR