FC2ブログ

苺な彼とビールな僕

. 夢の中の君へ 後編












~Cside~










「あっ!!チャンミナそこ!!ダメだって!!」





「ユノヒョンずるいっ!!ああーーー」









ユノヒョンとハンバーガーを食べた後は、そのまま宿舎に戻って2人でゲームをした






運良く誰かに見られることもなかったけど、帽子を目深に被って足早に







部屋に戻るとゲームの電源をいれて2人でコントローラーを握った







そうだ、この頃はよく2人で夜中までゲームしてたっけ







そしてそのまま眠っちゃって、よくマネージャーに怒られたもんだ







でも、ヒョンの温もりがあったかくて嬉しくて……







先に負けた僕の代わりに必死に画面に向き合うヒョンに心が和む







外に出っぱなしの時も多いけど、こうして僕と過ごしてくれる時間も作ってくれてた







この人って根っからのリーダー気質、なんだよね








豪快に見えて繊細な人


この先ずっと僕の隣にいる人……






そんなことを思いながらユノヒョンの背中を見つめていると、不意に振り向くから心臓が止まりそうになる








「ほら、また!!」




「………へっ?///」




「今日のチャンミナやっぱ老けてる!!」




「なっ!!///」




「それからなんか可愛い!!なんで?なあ!!」




「う、うわっ!!///」







コントローラーをぽいと投げたと思ったらガバリと抱きつかれて思わず後ろに転がった





あまりの痛さに睨み返すのに、上から見下ろす真剣な瞳に思わず息を呑む






「………チャンミナ、気をつけろよ」




「………ヒョン?///」




「マジでやばいから、それ」







そう言ってぎゅうぎゅうに僕を抱きしめるユノヒョンに胸がキュッと痛くなる







今はただ、あなたを感じていたい


僕が守るから


この先ずっと、ずっと………









そしてそのまま眠ってしまったヒョンの温もりに包まれながら、僕もゆっくりと瞳を閉じたんだ































後はafterですかね(*´艸`*)


ブログ専用Twitter垢作りました( *ˊᵕˋ)✩‧₊
↓↓↓↓

@ichgobeersion

注意事項はこちらの記事をご覧ください



ご訪問ありがとうございます(⑉• •⑉)♡

ポチッとしていただけると妄想ばびゅんと爆走いたします.。o(♡)



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




関連記事
この記事のトラックバックURL:http://yukision.blog.fc2.com/tb.php/3069-153ab60d
. プロフィール

紫苑☆

Author:紫苑☆
FC2ブログへようこそ!

. カテゴリ
. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR