FC2ブログ

苺な彼とビールな僕

. 僕は何度でも君に恋をする 3




*こちらのお話は以前アメブロで書いたお話の再投稿となります










~Cside~










………僕は暗闇の中にいた




ここはどこ?どうしてこんなところに?









チャンミン


チャンミン


チャンミン!!!







…え…チャンミン?








それは…僕?…懐かしい人の声がする、とても安心する声







待って、すぐにそこに行きます、もう少し待っていて







……あ?








目を開くと心配そうに覗き込むその人…







『チャンミン!!』






ポロポロと涙を流して嬉しそうに微笑むその人…






…誰?





切れ長の黒眼がちな瞳、鼻筋は通っていて下くちびるだけがぷっくりとしていて






…どうして泣いているの?泣かないで







体が重くて動かない、声は声にならずに呻き声に変わる…







僕の手を握って泣き続けるその人







『……泣かな…で…あなた…だれ?』








驚いて大きく開かれる瞳








そう、僕は…すべての記憶を無くしてしまっていたんだ























ブログ専用Twitter垢作りました( *ˊᵕˋ)✩‧₊
↓↓↓↓

@ichgobeersion



ご訪問ありがとうございます(⑉• •⑉)♡

ポチッとしていただけると妄想ばびゅんと爆走いたします.。o(♡)



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




関連記事
この記事のトラックバックURL:http://yukision.blog.fc2.com/tb.php/2969-9d3f952f
. プロフィール

紫苑☆

Author:紫苑☆
FC2ブログへようこそ!

. カテゴリ
. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR