FC2ブログ

苺な彼とビールな僕

. 君といたいから 34












~Cside~










「………え?お見合い、ですか?」




「ああ、あくまで噂だけどね」




「そう、なんだ……」




「会長が推してるんじゃ社長も断れないかもね」




「………」









そう言って僕を見ながらコーヒーを啜るヒチョルさん、突然休憩室に入ってきたと思ったらそんな事……







この人ってば時々爆弾落としていくんだよね







社長と出張に行ってから一週間、あれから普段通りの生活が戻ってきた






あのホテルで過ごした時間は夢だったと思えるほど幸せだったけど






現実は厳しいっていうか、なんていうか







お見合い、とか








「落ち込んでるチャンミンも可愛いね」




「お、落ち込んでなんて!!///」




「またまた~俺が慰めてやるって……うおっ、い、いててっ」




「ヒチョル、イェソンが呼んでるぞ」




「し、社長!!」







ヒチョルさんの奇声に顔を上げれば、そこには社長の姿があって








あ……ダメ、泣いてしまいそう









バタバタと逃げていくヒチョルさんの足音、ふわりと香るあなたの香りに思わず視線を逸らしたのに









「何で泣いてる?」




「な、泣いてなんて!!///」




「泣き顔も可愛いな」




「!!!!///」




「で、次はいつうちに来てくれるの?俺の恋人君?」








そんな僕の顔を覗き込む優しいアーモンドアイ








ああ、この人には敵わない


ずっと好きでいさせて


ずっとあなたの側に…







「う、浮気者は嫌いです///」



「ふふ、じゃあ俺を夢中にさせてくれないと、ベッドの上でね」



「!!!!///」








そう言って不適に笑うあなたを思い切り睨み返したのに







こんなシチュエーションも嫌いじゃない、なんて








僕も相当にやられてる、よね///








































『君といたいから』いかがでしたか?

また感想などお待ちしておりますね(*´ー`*人)



ご訪問ありがとうございます(⑉• •⑉)♡

ポチッとしていただけると妄想ばびゅんと爆走いたします.。o(♡)



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




関連記事
comments
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2019-01-27 20:00:19 | [編集]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2019-01-28 17:30:44 | [編集]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2019-01-29 16:26:23 | [編集]

. コメントの投稿
  • コメント
  • パスワード (入力すると、コメントを編集できます)
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL:http://yukision.blog.fc2.com/tb.php/2727-b1e93cae
. プロフィール

紫苑☆

Author:紫苑☆
FC2ブログへようこそ!

. カテゴリ
. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR