FC2ブログ

苺な彼とビールな僕

. 迷惑な同居人 26












~Yside~










「ユ、ユンホ君?///」



「シウォン兄にもちゃんと連絡する、オーディションにも絶対合格するから!!」



「………え?」



「もう少し、このままでいて」



「………///」







自分から俺を抱き締めたくせに顔を真っ赤にして逃げていくから





一瞬幻だったのかと思ってしまった





だから待って、もう少しだけ、あなたの温もりに触れていたい






腕の中にすっぽりと治る細い体、綺麗な首筋に顔を埋めて甘い匂いを胸いっぱいに吸い込んだ






真っ赤に染まった頸に頭がクラクラしちまうけど、まだダメだ、今の俺じゃ………






「……コーヒー、冷めちゃう、よ?///」



「うん、俺猫舌だから大丈夫」



「……ぷっ、ユンホ君たら///」






クスクスと肩を揺らすあなたをゆっくりと解放する、顔を覗けば目の端には涙まで溜まっているし






「わ、笑いすぎだ!!」


「ふふ、ごめんごめん、ほら、コーヒー飲もう」







そう言って冷めたカップを差し出すあなたの笑顔が眩しくて、思わず目を細めてしまう俺だったんだ





































ご訪問ありがとうございます(⑉• •⑉)♡

ポチッとしていただけると妄想ばびゅんと爆走いたします.。o(♡)



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




関連記事
この記事のトラックバックURL:http://yukision.blog.fc2.com/tb.php/2561-437d40dd
. プロフィール

紫苑☆

Author:紫苑☆
FC2ブログへようこそ!

. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR