FC2ブログ

苺な彼とビールな僕

. 迷惑な同居人 25












~Cside~












『まさか!!俺、チャミの側にいたい!!ずっとずっとだ!!』







無意識に抱き締めずにはいられなかった………







真っ直ぐに見つめるアーモンドの瞳



僕が必要だって言われてるみたいで



好きが溢れ出してしまいそう……










本当はね、もっとぎゅっと肌を寄せ合うようにしたかったけど






それはまだいけない気がして……






子供をあやすようにポンポンと背中を撫でて、誤魔化すように体を離す







まだユンホ君の気持ちもわかんないのに///










「あ!!そうだお土産!!」



「………へっ?///」



「シウォン先輩がお土産くれたよ!!ユンホ君の好きなお菓子だって言ってた、ね、食べよう」



「う、うん!!///」






逃げるように部屋から出ると、わざと音を立ててコーヒーの用意をした







なんとか自分を落ち着かせようと深呼吸をするけど、バクバクと心臓は音を立てたまま







「チャミ?」



「ま、待ってね、コーヒー淹れるから、あの///」








僕の言葉が終わるか終わらないかで抱き寄せられた体







気付けば僕はユンホ君に背中から抱き締めれていたんだ






















































ご訪問ありがとうございます(⑉• •⑉)♡

ポチッとしていただけると妄想ばびゅんと爆走いたします.。o(♡)



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




関連記事
この記事のトラックバックURL:http://yukision.blog.fc2.com/tb.php/2559-c8530704
. プロフィール

紫苑☆

Author:紫苑☆
FC2ブログへようこそ!

. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR