FC2ブログ

苺な彼とビールな僕

. 君を好きでしょうがない 33












~Cside~











「はい、コーヒーお待たせ」



「あ、ありがとうございます///」



「ん、食べようか」



「はい///」








とびきりの甘い朝を迎えた僕達は、早めに部屋を出ると近くのカフェへとやってきた






朝、目を覚ますと目の前にユノ先輩の顔があって、驚いてベッドから落ちそうになっちゃって






そのまま引き寄せられて腕の中に閉じ込められてしまった






休みの日ならその………また、そういう雰囲気になったと思うけど






今日は平日、当たり前に仕事に行かなきゃいけないし、名残惜しい体を離して交代でシャワーを浴びたんだ






さすがに体のあちこちが痛かったけど、辛いとかはなくて、寧ろその痛さが夢じゃないって教えてくれるみたいで






……幸せを実感してる






向かいに座ってるユノ先輩もずっと顔が緩みっぱなしで、目のやり場に困ってしまう






だって、こんなにも甘い視線に蕩けてしまいそうだもの








「チャンミン、週末さ」



「はい?」



「もちろん来るよな?」



「………へ?ああ、はい///」



「よかった、来ないかと思って心配した」




「何ですかそれ」




「ふふ、何だろな」




「ユノ?」




「!!お前、すげー不意打ち///」







名前を呼んだ途端に赤くなって僕を睨むユノが子供みたいで、つい笑ってしまった僕だったんだ

















































『君を好きでしょうがない』いかがでしたか?

こちらの二人のテーマはズバリ焦れったいwwww

また感想などお待ちしております.。o(♡)




ご訪問ありがとうございます(⑉• •⑉)♡

ポチッとしていただけると妄想ばびゅんと爆走いたします.。o(♡)



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




関連記事
comments
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018-10-16 09:57:39 | [編集]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018-10-16 10:35:37 | [編集]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018-10-16 19:24:24 | [編集]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018-10-18 20:36:39 | [編集]

. コメントの投稿
  • コメント
  • パスワード (入力すると、コメントを編集できます)
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL:http://yukision.blog.fc2.com/tb.php/2507-8b592743
. プロフィール

紫苑☆

Author:紫苑☆
FC2ブログへようこそ!

. カテゴリ
. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR