FC2ブログ

苺な彼とビールな僕

. 君を好きでしょうがない 31












~Cside~










………何がどうなってるんだろう









聞こえるのは二人の息遣いと水音、赤く光る唇が僕の体を何度も行き来する








ねえ、ちょっと待って、なんて言葉にする事も出来ずに、ただ絡めた指に力を込めて






ああ、このままあなたに蕩けてしまいそうで……








「チャンミン、ちゃんと目開けて?」



「………ユ、ユノせんぱ……んっ///」



「こら、ユノだって言ったろ?」



「………あっ……ユノ……ダメ、そこばっか///」



「ん、チャンミンの中とろとろ」



「!!!!……バ、バカ……や///」







僕の中に入ったまま暫く馴染むのを待って、最初は痛かったけど段々とその……///






何よりユノ先輩と一つになれた事が幸せで







本当はね、とっても不安だった



とうの昔に諦めていた恋だった



ずっと好きだったって言われて嬉しかったけど



本当で僕でいいのかって








「………ユノ、ね///」



「ん、何?」



「………ぼ、僕できもち……い?///」



「バカ!!当たり前だろ?お前じゃなきゃダメなんだって」



「……あっ……や……苦し///」



「お前が悪い」








僕の中で大きくなる熱に蕩かされて、僕はただあなたにしがみついていることしか出来なかったんだ















































ご訪問ありがとうございます(⑉• •⑉)♡

ポチッとしていただけると妄想ばびゅんと爆走いたします.。o(♡)



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




関連記事
この記事のトラックバックURL:http://yukision.blog.fc2.com/tb.php/2503-fbd679d5
. プロフィール

紫苑☆

Author:紫苑☆
FC2ブログへようこそ!

. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR