FC2ブログ

苺な彼とビールな僕

. 君を好きでしょうがない 28










~Yside~









「さ、どうぞ」



「お、お邪魔します///」



「来るってわかってたらもう少し片付けてたんだけど」



「ふふ、分かってますから大丈夫です」







あれからすぐに会社を出ると、歩いて40分ほどの道のりをゆっくりと話しながら帰ってきた







帰る途中で覗いた駅は大混雑だったし、勿論道路も渋滞していたから歩いて帰って正解だった、かな






家の近くのコンビニで弁当とビールを買って、次の日の朝はカフェでいいか、なんて話しながら部屋に帰ってきたわけだけど







家に着く前から明らかに動揺している君が可愛くて、今すぐに抱き締めたくなる







そんな自分を誤魔化すように君をバスルームへと押し込んで、その隙にベッドルームを必死に片付けて







そういや一緒に寝るなんて一言も言ってなかった、とか、自分に苦笑いしたりして







まったく、どんだけ期待してんだよ……








風呂上がりの君は艶っぽすぎて先にシャワーに行かせたことを後悔するほど






そのあと食べた飯は全く味がしないっていうか、胸が一杯になってしまった








「……ユノ先輩疲れちゃいました?」



「いや、なんで?」



「だってさっきから黙ったままだし……」






そう言ってしゅんとしてしまう君が愛おしい、他人に心配されることがこんなにも心地いいなんて








「疲れてないよ」



「……そ、ですか///」



「チャンミン」



「はい///」



「一緒に寝ようか」



「!!!!は、はい///」






俺の言葉にみるみる赤く染まる君が愛おしくて、思わず抱き寄せてしまった俺だったんだ










































ご訪問ありがとうございます(⑉• •⑉)♡

ポチッとしていただけると妄想ばびゅんと爆走いたします.。o(♡)



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




関連記事
この記事のトラックバックURL:http://yukision.blog.fc2.com/tb.php/2497-76a937ba
. プロフィール

紫苑☆

Author:紫苑☆
FC2ブログへようこそ!

. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR