FC2ブログ

苺な彼とビールな僕

. 君を好きでしょうがない 26










~Yside~









「え?事故?」



「ええ、線路に車が突っ込んだらしいですよ、危ないですよねぇ」



「へえ、それは大変な事ですね」








取引先との打ち合わせを終えて、会社に戻ろうとしていた時のことだった






ニュース速報で流れてきたのは、かなり大きな鉄道の事故で






その近くの駅から乗り換えの駅ということもあり、多くの路線に遅れが出ているとのこと







うちの路線に影響はないけど、そこまでの距離はないから






最悪歩いて帰っても、なんて考えていたところだった






その時はあまり気にせず社に戻ったが、社内は軽くパニック状態になっていて







早めに帰宅するよう、パク課長が率先して指示を出していた








「ユノ先輩!!」



「チャンミン、これは?」



「なんか電車が全面的にストップしたみたいなんです」



「全面的?」



「あ、はい、線路に侵入した車から火災が起きて大ごとになってるみたいで」




「ええ!?」








聞けば事故を起こした車から火災が発生して、消化作業に手間取り更に電車に影響が出ているとのこと






少し待てば別の路線は復旧するだろうが、火災の起きた路線はかなり時間がかかりそうだ







「………どうやって帰ろう」






ネットで流れる動画を見ながら考え込むチャンミン、そうか、ちょうどここはチャンミンの家へと向かう路線だった






歩いて帰るには距離もあるし、夜には天気も崩れるとニュースでも告げている






一人で歩いて帰らせるなんて………







「チャンミン」



「はい」



「今日は俺の家にこないか?」



「………へ?///」







俺の言葉に驚いて振り向いた君の耳がみるみる赤く染まるのを、ただじっと見つめていた俺だったんだ








































ご訪問ありがとうございます(⑉• •⑉)♡

ポチッとしていただけると妄想ばびゅんと爆走いたします.。o(♡)



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村





関連記事
この記事のトラックバックURL:http://yukision.blog.fc2.com/tb.php/2493-74b1ac48
. プロフィール

紫苑☆

Author:紫苑☆
FC2ブログへようこそ!

. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR