FC2ブログ

苺な彼とビールな僕

. 君を好きでしょうがない 18











~Yside~









食事を済ませた後はまたドライブだ、なんて軽く考えていたのに






ユノ、だなんて……






頬を染めて名前を呼ぶ君にかけらほどの理性も吹っ飛んでしまった







『ごめん、やっぱり限界』







自分で言わせておいて勝手だとは思うけど、一旦重なった唇は角度を付けて何度も何度も







苦しげに眉を顰める君に更に煽られる







「………ユ、ユノ先輩、ちょ………ん///」



「ダメ、止まらない」



「……ん……み、見られちゃいますって!!///」



「ん、もう少しだけ」



「………んっ……んん///」






本当はこのままもっと深く口付けてしまいたい、でも、流石にここじゃあ……






離れる前にチュッと唇を吸い上げて、名残惜しい唇を離した






濡れた唇がやけに艶っぽくて困ってしまうよ







「……き、急過ぎです!!」


「ん、ごめん、嫌だった?」


「……………嫌、じゃない、です///」


「じゃあ後でもっとしていい?」


「!!!!///」





俺の言葉に真っ赤になってフリーズする君が可愛くて、ふわふわの髪をぐしゃぐしゃと撫でてやったんだ
















































ご訪問ありがとうございます(⑉• •⑉)♡

ポチッとしていただけると妄想ばびゅんと爆走いたします.。o(♡)



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




関連記事
この記事のトラックバックURL:http://yukision.blog.fc2.com/tb.php/2477-eeffc08d
. プロフィール

紫苑☆

Author:紫苑☆
FC2ブログへようこそ!

. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR