FC2ブログ

苺な彼とビールな僕

. 結婚なんかしたくない 27










~Yside~











『どこで会ってたのか気になって、記憶もないし』








そう言って俯いてしまう君、そうだよな、君が覚えている筈がない





わかってはいたけどほんの少しチクリと胸が痛む






だって、君の瞳はあの幼い日に会った頃と一つも変わってないから






「………ユノ、さん?」



「昔ね、うちの屋敷の補修工事をしている時期があってね」



「補修工事、ですか?」



「ああ、かなり大掛かりだったから一時的に別宅へと移り住んでいて、それがあの図書館の近くだった」


「と、図書館?あ!!///」



「あの頃休みの度によく、お爺様に連れられて、図書館へと通ったんだ、昔はね、違う場所にあったらしいけどね」






俺の言葉に真剣な表情で見つめるバンビアイ、大切にしてきた想い出を君に伝える日が来るなんて…





ある意味感無量、だな






「そ、それで?」



「その図書館でね、お祖母様に連れられた君に出会った」


「あ………///」


「今となってはお爺様は確信犯だった気もするけどね」



「天使、だと思ったよ、襟足がくるんと巻いて大きな瞳をキラキラとさせて」



「………///」



「遠い昔からの憧れだった」



「………ユノさん///」






思わず伸ばした手にハッとして頬を染める君が愛おしくて、抱き締めたくなる衝動を抑えるのに必死だった俺なんだ




























ご訪問ありがとうございます(⑉• •⑉)♡

ポチッとしていただけると妄想ばびゅんと爆走いたします.。o(♡)



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




関連記事
この記事のトラックバックURL:http://yukision.blog.fc2.com/tb.php/2458-d7dcc851
. プロフィール

紫苑☆

Author:紫苑☆
FC2ブログへようこそ!

. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR