FC2ブログ

苺な彼とビールな僕

. あの夏を忘れない 42











~Cside~












……ユノ先輩にどう伝えようかと迷っていた







もう一度付き合って欲しいと言われてとても嬉しかったけど………






結局は自信がないんだよね






キュヒョンの言う通り自分に正直になれば、後悔はないのかもしれないけど






あの、別れた夏の日の想い出が僕の胸に突き刺さっていて





何が悪かったんだろう、とか


どうすれば良かったんだろう、とか






そんなことばかりを考えてしまって………







「チャンミン?」



「あ、すいません、ぼんやりしちゃって……///」



「いや、構わないよ、ずっと見ていられるから」



「!!………先輩ってほんと変わんない、ですね///」



「ん?」






不思議そうに首を傾げるユノ先輩を軽く睨み返してやる





こういうとこ無意識なんだからタチが悪いよ///






そういうユノ先輩だって時々思いつめたように遠くを見つめていて






「……せ、先輩、あの………///」



「うん?」



「先輩にその、もう一度付き合ってくれって言われて、その………嬉しかったけど///」



「………けど?」



「でも、僕は………!!///」







絡み合う視線に胸がキュッと音を立てる








僕は息を一つ吸い込むと、胸の奥にしまってきた想いをゆっくりと話し始めたんだ

























ご訪問ありがとうございます(⑉• •⑉)♡

ポチッとしていただけると妄想ばびゅんと爆走いたします.。o(♡)



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




関連記事
この記事のトラックバックURL:http://yukision.blog.fc2.com/tb.php/2431-04fe9473
. プロフィール

紫苑☆

Author:紫苑☆
FC2ブログへようこそ!

. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR