FC2ブログ

苺な彼とビールな僕

. あの夏を忘れない 41











~Yside~










「ごめん、遅くなった!!」



「あ、お疲れ様です、大丈夫ですよ///」



「思ったより長引いてしまって、ほんと申し訳ない」



「いえ、僕もさっき来たところですから///」



「そっか、じゃ行こうか」



「あ、はい///」






約束の時間を30分ほど過ぎて待ち合わせの場所に到着すると、そこには物憂げに空を見上げる君の姿があった






夕暮れの空は真っ赤に染まって、暑い昼間とは違い涼しい風が吹いていて






その横顔に暫く見惚れてしまった








「えっと、どこ行きますか?///」



「うん、この近くに小さなイタリアンがあるんだ、この前見かけてさ、実は予約もいれてある」



「用意周到ですね」



「だろ?出来る男チョン・ユンホだからな」



「ふふ///」






俺の言葉にクスクスと肩を揺らす君が愛おしくて仕方ない、ああ、このまま時間が止まってしまえばいいのに





その笑顔を俺だけのものにしたいのに





あの時も…………








「ユノ先輩?///」



「あ、ああ、ごめん」



「すいません、疲れてるのに呼び出しちゃって」



「まさか!!嬉しくて仕方ないのに」



「……せ、先輩、あの………///」










ゆっくりと話し始めたチャンミンの表情があまりにも真剣で、息を詰めてその話しに耳を傾けたんだ

















































ご訪問ありがとうございます(⑉• •⑉)♡

ポチッとしていただけると妄想ばびゅんと爆走いたします.。o(♡)



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




関連記事
この記事のトラックバックURL:http://yukision.blog.fc2.com/tb.php/2429-d8a4c145
. プロフィール

紫苑☆

Author:紫苑☆
FC2ブログへようこそ!

. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR