FC2ブログ

苺な彼とビールな僕

. あの夏を忘れない 40












~Cside~










「どうしたのさ急に」



「それはこっちのセリフだろ?」



「へ?」



「だいたい隠すのが下手なんだって」







そう言ってキュヒョンは僕を軽く睨んだ






仕事中に急に呼び出したと思ったら、怒った風に腕なんて組んじゃって、一体どうしたっていうんだろう






「キュヒョン、あの?」



「チョン係長!!」



「へっ?///」



「ほら、赤くなった」



「な、何言って!!///」



「はあ~もう見てられないんだよね」



「キ、キュヒョン?///」



「ヒチョルさんも心配してたよ、チャンミンがおかしいってさ、あの人感だけはいいから~」







そっか、そういやヒチョルさんとの飲み会で僕が酔っ払って、ユノ先輩に介抱してもらったんだった





あの雰囲気じゃ変に思われても仕方ないかも……











「とにかくさ、昔何があったか知らないけど素直になってみたら?」



「………キュヒョン」



「わかったら早く仕事行けよ」



「なっ!!お前が呼び出したんだろ!?」



「おーい!!お前ら何やってんだ!!」



「「あ、はい、すいません!!」」






パク課長の声に驚いた僕達は、お互いに顔を見合わせて思わず吹き出してしまったんだ
























ご訪問ありがとうございます(⑉• •⑉)♡

ポチッとしていただけると妄想ばびゅんと爆走いたします.。o(♡)



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




関連記事
この記事のトラックバックURL:http://yukision.blog.fc2.com/tb.php/2427-9bad6346
. プロフィール

紫苑☆

Author:紫苑☆
FC2ブログへようこそ!

. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR