FC2ブログ

苺な彼とビールな僕

. 結婚なんかしたくない 11










~Yside~











『というわけで改めてお茶でもいかが?シム・チャンミン』







俺の言葉に大きな瞳をくるくるとさせて、手には荷物をぎゅっと握ったままだし





これは流石に断られてしまうかと思ったのに








「い、いいですよ、でも……外でお願いします」




「ああ、もちろん」




「じ、じゃあ少し歩きますけど」




「君と一緒ならどこへでも」




「!!!!///」







黙ったまま俺の前を歩きはじめた君、綺麗な首筋が真っ赤に染まっているのは照れているから?





いや、それは自惚れ過ぎ、かな……





そんな自分に苦笑いしながら君の後ろをついていくと、やがて大学の門を出て小さな路地へと入っていく






『tomorrow』






古びた看板に書いてあった店の名前、カランと音を立ててドアを開けると、アンティーク調の家具が並ぶ店内はゆったりとした音楽が流れていた






「へえ、いいところだね」



「こ、ここなら静かに話せると思うんで///」







………さて、我が婚約者殿はどう出るか







慣れた風に奥の席へと向かう君の後ろ姿に、黙ってついて行くしかない俺だったんだ


































ご訪問ありがとうございます(⑉• •⑉)♡

ポチッとしていただけると妄想ばびゅんと爆走いたします.。o(♡)



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




関連記事
この記事のトラックバックURL:http://yukision.blog.fc2.com/tb.php/2426-b9b68086
. プロフィール

紫苑☆

Author:紫苑☆
FC2ブログへようこそ!

. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR