FC2ブログ

苺な彼とビールな僕

. あの夏を忘れない 38










~Cside~










「え?帰った?」



「ああ、急に取引先に行くことになってね、そのまま直退するそうだ」



「そ、ですか」



「ああ、後でお前に連絡するって言ってたぞ?何か約束でもしてたのか?」



「あ、はい」



「そうか、美味いもんでも食わせてもらえ」



「はい(笑)」







パク課長に書類を提出するついでに、ユノ先輩が何時に終わるか確認しようと思ったのに





そっか、外に行っちゃったんだ






仕事の様子を見て今日ならいいかと声をかけたけど、忙しいなら別に今日じゃなくても……





早く話をしたいのは事実だけど、せっかくの今の関係を壊すことになってしまいそうで





正直などうすればいいか迷ってるんだよね






本当は今でもユノ先輩のこと好きだし、その、また付き合えるならとてと嬉しいことだけど






学生の頃のように若くもないし、体だって大きくなってゴツゴツしちゃってるし






可愛さのかけらもないこんな僕に、すぐに嫌気がさしてしまうかもしれない






それがとても怖くて、胸が潰れそうで……








「チャンミンちょっといい?」



「キュヒョン、会議だったんじゃ?」



「終わったよ、少しでいいんだ」



「あ、うん」








そう言ってキュヒョンは僕の背中をぐいぐいと押すと、訝しがる僕ににっこりと笑ったんだけど







































ご訪問ありがとうございます(⑉• •⑉)♡

ポチッとしていただけると妄想ばびゅんと爆走いたします.。o(♡)



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




関連記事
この記事のトラックバックURL:http://yukision.blog.fc2.com/tb.php/2423-7febab75
. プロフィール

紫苑☆

Author:紫苑☆
FC2ブログへようこそ!

. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR