FC2ブログ

苺な彼とビールな僕

. やっぱり君が好き 36











~Yside~









「あの………チョンさん?」




「ユジン、なんでこんなところに」




「うふふ、偶然ですね」






そう言って悪戯っぽく笑うユジンに思わず溜息をつく






全くこんな時に迷惑な話だ……







「さっきね、可愛いお連れさんとお会いしたんですよ」



「ああ」



「メモを渡して欲しいとお願いしたら真っ赤になって行ってしまって、親戚の方ですか?」



「そんなところかな」



「随分冷たいんですね、撮影の時は優しかったのに」










パチパチと上目遣いで見つめるユジン、こういうのを計算してるっていうんだろうな






……確かに一般的に見て美人には違いない







ま、我が恋人君には全く敵わないが(笑)







思わずクスリと笑った俺を怪訝そうに見つめる彼女、まさか男と比べられてるなんて思いもしない、よな








「何がおかしいんです?」



「あ、いや、ユジン、悪いけどこのメモは返しておくよ」



「……え?」



「あまり不用意なことはしない方がいい、この世界で生きていくにはね」



「チョンさんあの!!」







何か言おうとするユジンを置いてその場を立ち去る、後ろにはマネージャーらしき人が様子を伺っていたから恐らく大丈夫だろう






新人女優の我儘に付き合わされて気の毒な話だ







俺は店主への挨拶を軽く済ませると、チャンミンの待つ個室へと急いで向かったんだ
































ご訪問ありがとうございます*ˊᵕˋ)੭

ポチッとしていただけたら妄想がばびゅんと爆走いたします\♡/

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



関連記事
この記事のトラックバックURL:http://yukision.blog.fc2.com/tb.php/2392-307fce67
. プロフィール

紫苑☆

Author:紫苑☆
FC2ブログへようこそ!

. カテゴリ
. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR