FC2ブログ

苺な彼とビールな僕

. あの夏を忘れない 21











~Yside~









「おはようチャンミン」



「お、おはようございます、あの…///」



「ん?」



「昨日はご馳走様でした」



「いや、こちらこそありがとう、とても楽しかった、また近々誘ってもいい?」




「!!も、もちろんです///」







そう言ってぺこりと頭を下げると、そそくさと逃げてしまう君





後ろからぴょこんと飛び出た耳が真っ赤に染まって、あれでも隠してるつもりなのか……






反応は悪くない、と思う






我ながら自分勝手だとは思うがどうやって切り出そうかそればかりを考えてしまう






俺達もう一度付き合わないか?






君と話すたび口から出そうになる言葉、グッと飲み込んで胸の奥にしまうけど






想いが今にも溢れてしまいそうで……!!








「チョン係長?どうかしましたか?」



「あ、いや」



「来週末なんですがね、あなたの歓迎会をしようと思って」



「歓迎会、ですか?」



「ええ、うちの部署だけのこじんまりしたものですが、どうでしょう?」



「もちろん喜んで参加させていただきますよ」




「いやあ良かった!!店はいつも使ってるとこなんですがね、割といい料理を出すんですよ」








ニコニコと笑顔で店の画像を見せるパク課長、根っからのお人好しって感じだな






歓迎会なんてこそばゆいが、有り難く受けておくとしようか






それにまた君に近づけるかもしれないし








こうして君のことばかりを考えて、パク課長の言葉なんて全く耳に入らない俺だったんだ
























































ご訪問ありがとうございます(⑉• •⑉)♡

ポチッとしていただけると妄想ばびゅんと爆走いたします.。o(♡)



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




関連記事
この記事のトラックバックURL:http://yukision.blog.fc2.com/tb.php/2389-ef19eb25
. プロフィール

紫苑☆

Author:紫苑☆
FC2ブログへようこそ!

. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR