FC2ブログ

苺な彼とビールな僕

. あの夏を忘れない 19










~Yside~









『ユノ先輩は変わんないです///』






そう言って俺を見つめるチャンミンはふっと視線を逸らした






伏せた睫毛が長いのは相変わらずだ、なんて







少しずつではあったけど自分の話もしてくれたのは酒の力もあったかもしれない






同僚達とよく飲みに来ると話す君はほんのりと頬を染めて嬉しそうに目を細めた






まさかあのバンビちゃんがビール好きな青年になってしまうとは(笑)







「何がおかしいんです?」



「……いや、大人になったって思ってさ」



「……バ、バカにしてる///」



「まさか、本当に綺麗になった……」



「………僕、男です///」



「知ってるよ」



「………///」







俺の言葉に黙って俯いてしまう君、そりゃそうか、男に綺麗になったなんて言われても、な






「……褒め言葉って思っていいですか?」



「!!もちろん」



「じ、じゃあ有り難く受け取っておきます///」







ゆっくりと顔を上げてふわりと微笑む君が眩しくて、思わず目を細めてしまう俺だったんだ

















































ご訪問ありがとうございます(⑉• •⑉)♡

ポチッとしていただけると妄想ばびゅんと爆走いたします.。o(♡)



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




関連記事
この記事のトラックバックURL:http://yukision.blog.fc2.com/tb.php/2385-8b561e95
. プロフィール

紫苑☆

Author:紫苑☆
FC2ブログへようこそ!

. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR