FC2ブログ

苺な彼とビールな僕

. やっぱり君が好き 28











~Yside~








「さあここだよ、入って」



「ユ、ユンホさん、ここ?///」



「ん、個室になってるんだ、誰にも遠慮はいらないよ」



「………わあ///」








ここは俺の行きつけの焼肉屋、高級店とまではいかないがなかなか旨い肉を食わせてくれる






店主とは昔からの知り合いで、まだ店が小さかった頃からの常連なんだ







「やあユノ、いらっしゃい」



「カンさんお久しぶりです」



「ほんとに有名になっちまって、で、そっちの美人さんは?」



「ん、俺の大事な人だよ」



「ユ、ユンホさん!!///」







本当のことを伝えただけなのに、慌てて立ち上がる我が恋人君





耳まで真っ赤になっちゃって、全く可愛いことこの上ないな






「まあまあ落ち着いて、今日はいい肉がたっぷり入ってるからさ!!」




「ああ、元気の出るやつ頼むよ」












俺の言葉に口をパクパクとさせて呆然とする君が可愛くて、つい吹き出してしまった俺だったんだ

































ご訪問ありがとうございます*ˊᵕˋ)੭

ポチッとしていただけたら妄想がばびゅんと爆走いたします\♡/

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



関連記事
この記事のトラックバックURL:http://yukision.blog.fc2.com/tb.php/2376-59b238e0
. プロフィール

紫苑☆

Author:紫苑☆
FC2ブログへようこそ!

. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR