FC2ブログ

苺な彼とビールな僕

. 溢れる想い 16










~Yside~









「今日は絶対迎えに行くから夕方はうちに来て、連絡待ってるから」



『わ、わかりました、あの、じゃあユノさん行ってきます///』



「ああ、気をつけて、行ってらっしゃい」







俺はスマホをタップすると一つ溜息をつく、そう、今日もチャンミンはチェさんの家へと出勤する日になっていた





この前から延長ばっかだからドンへに文句を言ってやったら、それは対処してくれるらしいから





こればかりは任せるしかない、よな






人のいいチャンミンのこと、足の悪いお祖母様に帰らないでと言われたら断りきれないんだろう





気持ちはわからなくは無いけど、一応こっちの専属なんだし!!





ほんと、俺ってこんなに心の狭いやつだっけ、なんて自分に呆れながらもパソコンへ向き直る





明日は珍しく2人で休みをとるから、今日中に書いてしまわないといけないコラムがあるんだ






チャンミンがここに来てくれるようになってから、驚くほど筆が進むっていうか、仕事が捗って






やっぱりプライベートが充実してんのは大切なんだって実感してるところ





2人きりの空間を誰にも邪魔されたくなくて、本当は君を閉じ込めてしまいたいとか





……まったくどんだけ惚れてるんだか






明日は2人でランチを食べて、手を繋いで海辺を散歩する予定なんだ



絶対にいい雰囲気になるはずだから、キスより先に進めたら、なんて思ったりして




しかも言い出したのはチャンミンの方だし!!







『あの……ユノさんとデートしたい、です///』






そう言って真っ赤になって俯いてしまった君の顔を思い浮かべては、緩む頬を抑えきれない俺だったんだ


























ご訪問ありがとうございます(⑉• •⑉)♡

ポチッとしていただけると妄想ばびゅんと爆走いたします.。o(♡)


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




関連記事
この記事のトラックバックURL:http://yukision.blog.fc2.com/tb.php/2259-a8fc1d5a
. プロフィール

紫苑☆

Author:紫苑☆
FC2ブログへようこそ!

. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR