FC2ブログ

苺な彼とビールな僕

. しなやかに眠れ 34










~Yside~









「マスターお先です、あ!!ブラインド下ろすの忘れた!!」



「ああお疲れ、いいよ、俺がやっとく」



「すいません!!お願いします!!」



「気をつけて行けよ、飲みすぎんな」



「はーい!!」






バタバタと店を出て行くテミンを見送ると、カウンターに肘をついて一つ息を吐く





今から飲みに行くとか、流石に若いだけのことはある





今日は珍しく閉店まで客足が途絶えなかったから、先に返してやることが出来なかった





ま、よく働いてくれるよあいつは……





俺はタバコに火をつけるとカウンターから出て、店の入り口へと向かった





夜半から降り出した雨にネオンが滲んで、胸が軋むように痛む





………と、店の外でゴソリと何かが動いた





なんだ、猫でもいるのかと思い目を凝らすと、ゴミ箱の間に人の気配を感じた






まさか………!!






慌てて店の外へ出ると、フードを目深に被り長い体を折りたたむように蹲み込むそいつ






「………遅い」



「お前いつから!!」





慌てて腕を引いて抱き寄せると、ふわりと香るのは懐かしい甘い匂い





「帰ってきちゃった」



「チャンミン」



「………ユノ、もう一度僕を拾って?」







そう言って俺を見つめるバンビアイがやけに綺麗で、言葉もなく抱きしめることしか出来なかった俺だったんだ

























ご訪問ありがとうございます(⑉• •⑉)♡

ポチッとしていただけると妄想ばびゅんと爆走いたします.。o(♡)


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




関連記事
この記事のトラックバックURL:http://yukision.blog.fc2.com/tb.php/2258-64676552
. プロフィール

紫苑☆

Author:紫苑☆
FC2ブログへようこそ!

. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR