FC2ブログ

苺な彼とビールな僕

. しなやかに眠れ 18










~Yside~








……こんな事だと思った







俺がベッドルームへ入ってからゴソゴソと音がしていたが





コトリ、とドアの前で音がしてから静かになった







暫くしてそっとドアを開けると、やっぱりそこで丸くなるそいつの姿があって







全く、捨て猫かよ……







すっかり寝入ってしまったそいつを抱えてベッドへと寝かせる






床に転がったまま爆睡するとか、どんだけ俺を信用してんだか……






仕方なく隣に滑り込むと無意識に擦り寄るから思わず抱き締める





「………ん」





そう言って腕の中で丸くなるそいつに、どうしようもなく庇護欲が湧き上がる





「本当に襲うぞ?」


「………ん……?」


「ったく、呑気なもんだ」


「………ユノ」






目を閉じたまま俺の名を呼ぶ唇に、堪らず自分の唇を重ねたんだ




























ご訪問ありがとうございます(⑉• •⑉)♡

ポチッとしていただけると妄想ばびゅんと爆走いたします.。o(♡)


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村









関連記事
この記事のトラックバックURL:http://yukision.blog.fc2.com/tb.php/2225-12e93f04
. プロフィール

紫苑☆

Author:紫苑☆
FC2ブログへようこそ!

. カテゴリ
. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR