FC2ブログ

苺な彼とビールな僕

. しなやかに眠れ 15










~Cside~









「美味いだろそれ、俺のオススメなんだ」






そう言って微笑むアーモンドアイから目が離せない





ここに居座っている事を咎めもせず、夜食まで勧めてくれるとか





……どういうつもりなんだろう///






「なんだ?今日はやけに見つめてくれるな」


「!!!!///」


「で、少しは自分のこと話す気になったのか?」


「 ………///」


「親が心配してんじゃねーの?」



「………親は、いない」



「……そうか、でも世話になってる人はいたんだろう?」






そう言われて頭に浮かぶのはシスター達の笑顔、ああ、本当にお世話になったのに





肩肘をつきながらそんな優しい口調で言われたら、なんだか泣きそうになってしまうよ






「バカ、泣くな、麺が伸びんだろ」



「……ぷっ」



「お、やっと笑ったな、美人は笑ってるほうがいい」



「……ユノは変わってる///」



「は!!そうか?」



「……そう///」







からかわれてるとしか思えない口調なのに、優しく響く低音が心地よくて






「……もう少し、ここに置いてくれませんか?」







ダメだとわかっているのにそんな事を口にしてしまって、思わず俯いてしまう僕だったんだ


















ご訪問ありがとうございます(⑉• •⑉)♡

ポチッとしていただけると妄想ばびゅんと爆走いたします.。o(♡)


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村










関連記事
この記事のトラックバックURL:http://yukision.blog.fc2.com/tb.php/2218-b6c2e411
. プロフィール

紫苑☆

Author:紫苑☆
FC2ブログへようこそ!

. カテゴリ
. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR