FC2ブログ

苺な彼とビールな僕

. 僕のムソク様 ~その夜~ 3


BL表現あり^ ^

大丈夫な方だけどうぞ~






~Cside~






2人して激しく求めあって


軽くシャワーを浴びてベッドに潜り込んだ





すぐに眠りに落ちてしまった僕の恋人





久しぶりの温もりに愛しさがこみ上げて

包み込むように眠りについた






外の光が洩れて目を覚ます





ひょんの撮影は確か昼からだったな…

なんか食べさせないと





ゴソゴソとベットから出ようとしたら





ガシッ!!





「わあっ!?」




ひょんの腕に引き戻された////




「チャンミナどこ行くの?」




腕に仕舞われて喋れないんだけど/////




「まだここにいて?」




「…っ…うー///////」




「チャンミナなんかエロいね」



体をさわさわと撫で始めた



朝から何言ってんだーーー//////







~Yside~





腕の中で抵抗する可愛い恋人


脇腹からスルリと手を滑らせて胸の突起を抓った





「…んっ…」





仰け反った体に舌を這わせる





「んっ…ひょんっ…//////もう起きないとっ!!」





あークソッ…





仕方なくチャンミナを解放した




呆れた顔の恋人は

上目遣いで俺を見つめて



「おはよう、ムソク様」




と、啄ばむようにキスをした





シャワーを浴びてリビングへ

チゲのいい匂い



「髪まだ濡れてる」



タオルでゴシゴシと俺の髪を拭いた




ソファに座ってチャンミナのなすがままにされてる俺



幸せだ、なんてニヤニヤしていたら



「ひょんキモい」



だって!




相変わらずの毒舌

変わらない朝が嬉しい



「早く髪切りたいな」




ため息交じりに呟くと

目をくるくるさせて…



「似合ってるのに…」



俺の前髪を愛おしそうに撫でた




それから2人でチゲを食べて

なんでもない話をして



マネヒョンからの連絡を待った



「今度いつ会えるかな…」



チャンミナがボソッと呟いた




頬を撫でると、擽ったそうにその手に擦り寄って



愛おしそうに自分の手を重ねた





「チャンミナ愛してる」




「知ってる//////」




素直じゃない俺の恋人





早く終わらせるから待ってて




終わったらすぐにおまえのところに帰ってくるから






























ご訪問ありがとうございます*\(^o^)/*


ブログランキングに登録しております♡

ぽちっとしていただけると励みになります*\(^o^)/*


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村






















ムソク様とりあえず終わりです♡
ありがとうございました\(//∇//)\


関連記事
comments
. コメントの投稿
  • コメント
  • パスワード (入力すると、コメントを編集できます)
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL:http://yukision.blog.fc2.com/tb.php/20-6ae630b0
. プロフィール

紫苑☆

Author:紫苑☆
FC2ブログへようこそ!

. カテゴリ
. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR