FC2ブログ

苺な彼とビールな僕

. 王子の気持ち 26








~Yside~







『!!……ユ、ユノはずるいっ///』






そう言って俺の胸にぎゅうぎゅうと顔を押し付ける王子




……覗いてみてよかった



全く、この時期にそんな薄着でベランダに出るとか無防備すぎる




冷えてしまった体を温めるように抱きしめて、ああ、やっぱり放ってなんておけるわけない




部屋を飛び出してからずっと心配で眠れなくて、バイト先に選んだラーメン屋のことを調べたりして





……俺ってやっぱり君には弱いんだ





俯いたままの顎を掬って唇を奪う、だってこうしたくて仕方なかった





「……んっ……ユ…ノ ///」





噛みつくように口付けてそのままソファへと縺れ込んだ




これはどうにも抑え切れないな





「………ま、待って……くるし……///」


「ん、嫌か?」


「………い、嫌じゃない///」


「もっとする?」


「ん、昨日の分も……///」


「仰せのままに」


「………バカ///」






宝石みたいな瞳を潤ませてキスをねだる恋人に、やっぱり敵わないって思う俺だったんだ






















ご訪問ありがとうございます*ˊᵕˋ)੭

ポチッとしていただけたら妄想がばびゅんと爆走いたします\♡/

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村





関連記事
この記事のトラックバックURL:http://yukision.blog.fc2.com/tb.php/1994-302aea64
. プロフィール

紫苑☆

Author:紫苑☆
FC2ブログへようこそ!

. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR