FC2ブログ

苺な彼とビールな僕

. あなたと過ごしたい 9








~Yside~






逃げるようにバスルームに消えたチャンミン、それってもしかして、もしかする、よな///





一人残された俺はどうにも落ち着かなくて、冷蔵庫から水を出して飲んでみたり、ウロウロと部屋を歩き回ってみたり





とにかくシャワーの音が止むまでとても座ってなんていられなくて






「ユノ……?」


「わっ!!////」






ぼんやりと外を眺めていると不意に背中から声が聞こえた





振り返った先には濡れた髪のバンビアイ、ああ、心臓が飛び出してしまいそうだ





「……どうかした?」


「べ、別に!!///」


「………ユノ、あのね、あの……シ、シよっか?」


「…………へ?///」






突然のチャンミンの言葉に変な声が出ちまったけど、不安げに揺れる瞳は明らかに熱を灯して





「嫌ならあの……///」


「嫌なわけねーじゃん」


「……ユノ///」


「ほんとにいいの?」


「………///」





こくんと小さく頷く丸い後頭部、ぴょこんと飛び出した耳は見たことないくらい真っ赤に染まっていて






堪らず引き寄せたあなたは少し震えていて、強く抱き締めずにはいられなかったんだ




























ご訪問ありがとうございます(⑉• •⑉)♡

ポチッとしていただけると妄想ばびゅんと爆走いたします.。o(♡)

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村







関連記事
この記事のトラックバックURL:http://yukision.blog.fc2.com/tb.php/1949-350b011c
. プロフィール

紫苑☆

Author:紫苑☆
FC2ブログへようこそ!

. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR