FC2ブログ

苺な彼とビールな僕

. 空色ハロウィン









~C side~






「……え?遅くなる?」


「ああ、急に仕事が入ってね、すまない」


「わ、わかりました、あの、お仕事頑張って/////」


「ありがとう、リウにも伝えておいてくれ」


「……はい/////」





僕はスマホをタップすると1つ溜息をついた




今日はハロウィンだから、リウ君と2人でご馳走を作って仮装なんてしちゃってユノさんを驚かせるつもりだったのに




……そっか、仕事が入っちゃったんだ




「………チャンミン?」


「リウ君、あのね」


「パパおそくなる?」


「……あ」




……ひょっとしてさっきの電話聞かれてた?




「はやくかえれるっていってたのに」



「……うん、リウ君にごめんって」



「かぼちゃのケーキもつくったのに……」



「リウ君……」





リウ君は仮装のとんがり帽子を深くかぶって俯いてしまう




きっとがっかりしたんだよね、パパを驚かせるって張り切っていたのに




お料理はヨンさんにも手伝ってもらったけど、かぼちゃのケーキは2人で頑張ったんだよね





「ぼく!!よふかしがんばるから!!パパにとりっおあとーとっていうんだから!!」





そう言っていたリウ君もやっぱり眠気には勝てなくて、紫のマントもつけたまんまで眠ってしまった(笑)





……ふふ、無邪気な顔しちゃって






日付が変わってやっと帰ってきたユノさん、ハロウィンの仮装のまま眠るリウ君を見て驚いた様子で






「……そうか、ハロウィンだったのか」



「はい、驚かせるつもりだったんです/////」



「リウにも君にも悪いことをした」



「そんな……仕事ですから、あ!!リウ君とケーキ作ったんです、明日……あ/////」





不意に抱き寄せられて思わず身を捩る、だってユノさんの顔が目の前にあって/////




未だにドキドキしちゃうのに/////




「Trick or Treat?」



「………え?/////」



「お菓子は要らないからいたずらしてもいい?」



「ぷっ、何ですかそれ?/////」



「ん、単なるこじつけ」



「随分大きな子どもですね?/////」



「君の前だけね……甘えても?」



「……はい、お好きなだけ/////」








クスクスと笑う僕の頬を両手で包んだユノさんは、ケーキよりも甘いキスを沢山くれたんだ















































遅くなりましたがハロウィンSSでした\( ˆoˆ )/


ご訪問ありがとうございます*ˊᵕˋ)੭

ポチッとしていただけたら妄想がばびゅんと爆走いたします\♡/


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




関連記事
この記事のトラックバックURL:http://yukision.blog.fc2.com/tb.php/1788-b70be6b4
. プロフィール

紫苑☆

Author:紫苑☆
FC2ブログへようこそ!

. カテゴリ
. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR