FC2ブログ

苺な彼とビールな僕

. 僕の彼氏は有名人 35









~Y side~








「失礼します、チョンさんご挨拶に伺いました」





そう言って入ってきたのは共演予定の女優のカン・ユリさんだった




ノックの音が聞こえた瞬間、身を硬くして離れてしまったメガネ君




『ぼ、僕トイレ行ってきますね!!//////』




慌てて頭を下げるとカンさんと入れ替わるように出て行ってしまった





「……あの?お邪魔でした?」


「いえ、大丈夫ですよ」


「親戚の方とか…?」


「はい、今日はスタジオ見学に」



「そう、ですか」





訝し気にメガネ君の出て行った扉を見ながらの上目遣い、これはひょっとして……




「私、ずっとチョンさんと共演したいって思ってましたの、今回はどうぞよろしくお願いします」



「はい、ありがとうございます」





とても綺麗な人だと思うのに全く会話が入ってこない




閉じたまつ毛はチャンミンの方が長かった、とか

大きな瞳はチャンミンの方が澄んでいた、とか





……そんなことばかり考えてしまって





しばらく話した後、彼女は一礼をして出て行ったけど、気になるのは出て行ったメガネ君のことばかり




スマホは持って行った、かな?





とりあえずは探しに行かなきゃ、君のことだ、きっとまた余計な気を使っていることだろう




……まだ恋人になったばかりだから





外にいたスタッフにマネージャーへの伝言を伝えると、俺はメガネ君を探しに部屋を出たんだ


















昨日読者様からご連絡いただきまして!!

なななんと拍手500000回を超えることができました\( ˆoˆ )/


取り急ぎお礼を!!←


キリ番踏んだ方から連絡もらえるなんて嬉しい♡

本当にありがとうございます(*´∀`*)ノ。+゚ *。




ご訪問ありがとうございます(⑉• •⑉)♡

ポチッとしていただけると妄想ばびゅんと爆走いたします.。o(♡)



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




関連記事
この記事のトラックバックURL:http://yukision.blog.fc2.com/tb.php/1760-504a476a
. プロフィール

紫苑☆

Author:紫苑☆
FC2ブログへようこそ!

. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR