FC2ブログ

苺な彼とビールな僕

. 僕らの新婚生活 11









~Cside~







「ただいま」


「…お帰りなさい////」





玄関でふわりと抱きしめられて優しいキスが降ってくる




いつもと変わらない筈なのに、なんだかユノの様子がおかしいような……?




「…ユノ?/////」


「ん、腹減った」




どうかした?って聞く前にもう一度苦しいほどに抱きしめられてふわりと離される



「後で話しあんだ」




………話?





そんな真剣な目をして見つめられたら心臓が飛び出してしまいそう/////




ニッコリと笑ったユノはバスルームへと消えて行ったけど、何……?




とりあえずは食事を済ませて、片付けてる最中も気になって仕方なかったけど黙ったまんまだし




……落ち着いてから話すつもりなの、かな?




チラチラと様子を伺う僕にニッコリと笑うユノ、軽く手招きをされて隣に座ると、やっぱりぎゅっと抱きしめられた




「…今日さ、お前の母さんが訪ねて来たんだ」


「………え?」


「病院探してたんだって?」


「………あ!!/////」





……そうだ、僕、この前実家に帰った時に母さんに話したんだよね……同性の妊娠を相談出来る病院のこと





ユノに話すのはちゃんと調べてからって思ってたから、まさか母さんがから伝わってしまうなんて!!




恥ずかしくて俯いてしまった僕に、頬を撫でるユノの指が優しくて胸が苦しくなる






「お前さ、そういうのは先に俺に言えよ」


「……あ、あの……」


「二人の問題だろ?」


「ご、ごめんなさい/////」


「謝んなくていい、嬉しかった」


「………ユノ/////」


「お触り禁止令、今日はなしな?」


「……え?……あっ……んっ/////」






そっとソファに沈められた後降り注ぐのは甘い甘いキスの雨





柔らかな唇に抗議の言葉ごと塞がれて、結局はそのまま蕩かされてしまった僕だったんだ

































ご訪問ありがとうございます*ˊᵕˋ)੭

ポチッとしていただけたら妄想がばびゅんと爆走いたします\♡/

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



関連記事
この記事のトラックバックURL:http://yukision.blog.fc2.com/tb.php/1755-2c85a2ae
. プロフィール

紫苑☆

Author:紫苑☆
FC2ブログへようこそ!

. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR