FC2ブログ

苺な彼とビールな僕

. 僕の彼氏は有名人 15








~Yside~







彼と食事をしてから数日、何回かメッセージをやりとりしたり、電話をしたり




少しは慣れてくれただろうか……



ちょっと大袈裟じゃないかってぐらいの反応に、つい笑ってしまって、そんな俺に困ったようにオロオロとする君が楽しくて



ついからかってしまいたくなる




特定のファンの子と会うなんて先輩からはもっと警戒しろって言われたけど、きっと彼は大丈夫




そしてメガネの奥に隠された大きな瞳は、まるで宝石のように澄んでいて、伏せた睫毛が驚くほど長くて




ずっと見つめていたくなる





あんなに綺麗な顔をしてるくせに全く自覚がないとか、まあ、おとなしい性格だから納得もいくけど




その辺りも彼のいいところなのかも(笑)





待てよ、これじゃあまるで彼に恋してるみたいじゃないか(笑)





自慢じゃないがモテない方じゃなかったし、まさかそんな自分が男の子相手にとか……





でも、ふと気付くと考えてしまうのは君のことばかりで、今度はいつ会えるだろうってスケジュールばかりを気にしてしまう




まだ次のドラマも決まったところで、今は事務所に詰めていることが多いから




会うなら今のタイミングがいいかもしれない




大きく深呼吸してスマホをタップすると、聞こえてくるのは相変わらずオドオドとした君の声





「もしもしチャンミン?」



『……ユ、ユンホさん?////』



「あのさ、いいワイン貰ったんだ、今度うちに飲みに来ない?」


『………へ…ふえっ?/////』





俺の言葉に電話の向こうでフリーズする君の目に見えるようで、またしても笑ってしまった俺だったんだ
























ご訪問ありがとうございます(⑉• •⑉)♡

ポチッとしていただけると妄想ばびゅんと爆走いたします.。o(♡)



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




関連記事
この記事のトラックバックURL:http://yukision.blog.fc2.com/tb.php/1720-bf6d6ab5
. プロフィール

紫苑☆

Author:紫苑☆
FC2ブログへようこそ!

. カテゴリ
. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR