FC2ブログ

苺な彼とビールな僕

. チャンミナのお茶会 13








~Cside~





『チャンミナはんもう大丈夫なん?』




キッチンで晩御飯の下ごしらえをする僕にカタカタと話しかける魔法のランプ



一応心配してくれたみたいなんだよね(笑)



僕が熱を出したのはお茶会から帰ってすぐの事、とっても辛かったのに、ユノ様に冷えピタを貼って貰って休んだら直ぐに熱は下がってしまった



まあ、いっぱい汗を掻いたせいもあるんだけど////////




「……あれって風邪じゃなかったんだ」


『チャンミナはん気付いてないん?あれはきっと知恵熱言うやつやで、知恵熱!!』


「ち、知恵熱!?////」


『そうそう、きっとチャンミナはんの許容範囲超えてもーたんやわ、いやぁ、おばちゃんのパワーは凄いでほんま』



ウンウンと深く頷くランプ、なんかだんだん人間じみてきて怖いんだけど(汗)



た、確かにおばちゃんの話……その、いわゆるアッチの話はとんでもなく凄いもので



あからさまなのにも驚いたけど、それを恥ずかしがらずに真剣に聞いてくるとことか、夜の生活の全容を掘り下げてくるとことか



僕なんてもう恥ずかしくてずっと俯いたまんまだったし、主婦の会話ってほんと奥が深い////




『チャンミナちゃん、マンネリ化しちゃダメなのよ、変化を持たせないと!!やっぱりマグロじゃダメなのよ~』




ユノ様とのエッチはその……一方的に僕が啼かされている方が多い気もするし、僕からしようとしてもクルンと体を返されてしまうし////



変化……とか




いい奥さんになるって改めて決めた事だし、ここは僕も積極的に頑張ってみようかな




おばちゃんから聞いた夫婦円満の秘策、ちょっと勇気がいるけど今夜チャレンジしてみようかって思う僕だったんだ




















ご訪問ありがとうございます*ˊᵕˋ)੭

ポチッとしていただけたら妄想がばびゅんと爆走いたします\♡/


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村







関連記事
この記事のトラックバックURL:http://yukision.blog.fc2.com/tb.php/1533-2316fad5
. プロフィール

紫苑☆

Author:紫苑☆
FC2ブログへようこそ!

. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR