FC2ブログ

苺な彼とビールな僕

. チャンミナのお茶会 5







~Cside~





休日の朝は結局またユノ様に襲われちゃって、せっかく早起きして作ったフレンチトーストも半分くらいしか食べられなくて



ドンへ様はあの短時間でぺろっと食べて帰ったけど、大丈夫だったのかな////



なんだか喉に詰めてしまいそうなのに……



僕の体をたっぷりと堪能したユノ様は、お休みなのに会社に出かけてしまったから、少しお昼寝してからお茶会に持って行くお菓子を考えていた



『ほんでチャンミナはん何作るつもりなん?』



カタカタと魔法のランプが専用棚から話しかけてくる、相変わらずよくわからない訛りで生意気だけど、いつも相談相手になってくれるから助かってるんだよね




「うーん、ケーキにしようかって思ったんだけどね、アイシングクッキーでもいいかなって思うんだ」



『ほお~チャンミナはん洒落たもん知ってはるな~』



「だってほら、余っちゃっても持って帰れるでしょ?////可愛くラッピングしたりして、ね?」



『ほうほう、流石やな~で?さっきドンへはんが言うてはったアッチの話は大丈夫なんかいな』




き、聞いてたんだ////




あの後アッチの話しについてユノ様に教えてもらったけど、その………エッチの事だったんだよね////




そ、そんな話本当にしたりするのかな、おばちゃんといっても元は女の子なワケだし////



旦那さんの愚痴とか、子供さんの話題とかかなっめ思ってたんだけど




ぐるぐると考え込んでいるとカタカタと音を鳴らす魔法のランプ




『まあ、嫌なことは言わんでもええやん、たのしんできたらええ、な?』


「う、うん、ありがと////」






こうして僕はドンへ様にもランプにも励まされて、初めてのお茶会に挑む事になったんだ
























ご訪問ありがとうございます*ˊᵕˋ)੭

ポチッとしていただけたら妄想がばびゅんと爆走いたします\♡/


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村






関連記事
この記事のトラックバックURL:http://yukision.blog.fc2.com/tb.php/1517-6a24c83b
. プロフィール

紫苑☆

Author:紫苑☆
FC2ブログへようこそ!

. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR