FC2ブログ

苺な彼とビールな僕

. 愛しのチャンスニ 10








~Cside~





「さあ、こっちだよ、二人とも入って?」


「ありがとうユノ、ほらキュヒョナ」


「あ……うん////」




躊躇いがちにユノに続くキュヒョナ、背中を押すように僕も店内へと足を踏み入れた



ここは店の近くのワインバー、朝まで呑めるのと照明が暗めの落ち着いた雰囲気で、僕も何度かユノに連れて来てもらったことがあるんだ



いつもはカウンターで呑んでるけど、今日は奥のテーブルをリザーブしてあるみたい



スラリとしたボーイに案内されて奥のボックス席へ、そこには既にシウォンさんの姿もあった



「……シウォンさん!?////」


「キュヒョナ」


「ぼ、僕帰る!!」


「待って、話を……」


「は、話すことなんてない!!////」


「待ってキュヒョナ、せっかく来たんだ、乾杯しよう?」


「チョンさん!!こんなの!!////」


「提案したのは俺、だからシウォンさんには怒らないで?」


「………////」


「とりあえず座って、チャンスニもおいで」




帰ろうとするキュヒョナの肩をそっと抱いて席へと座らせると、僕も一緒に席に着いた



とりあえずは乾杯を、とワインを注文するシウォンさんは、ちょっと困った顔をしてキュヒョナをチラチラと見つめていた



当のキュヒョナはブスッとしてそっぽを向いたままだけど



……ふふ、こんなシウォンさん初めてかも




大きめのワイングラスに紅い色が注がれるのを見つめながら、この二人、ほんとは心配するほどのことはないのかも、なんて思う僕だったんだ

















またまた寝落ちを(;´Д`A



ご訪問ありがとうございます*ˊᵕˋ)੭

ポチッとしていただけたら妄想がばびゅんと爆走いたします\♡/


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村





関連記事
この記事のトラックバックURL:http://yukision.blog.fc2.com/tb.php/1499-a7349ee2
. プロフィール

紫苑☆

Author:紫苑☆
FC2ブログへようこそ!

. カテゴリ
. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR