FC2ブログ

苺な彼とビールな僕

. 愛の詩をきかせて ~仔鹿君の憂鬱~ 30







~Yside~





昨日は無理をさせてしまったかな……



腕の中の君は未だ夢の中、艶やかな肌は朝陽に輝いて溶けてしまいそう


無防備な寝顔はまるで子供のようで、昨日の君からは想像もできないほど



「……う……ん…?」



我が姫の覚醒というところか…長い睫毛を震わせて二つの宝石が露わになる



「おはよう仔鹿君」


「……ユノさ…ん?/////」


「昨日は素敵だったよ」


「!!!!/////」



俺の言葉にシーツの中に逃げてしまいそうになる君、悪いけど逃してなんかやらないよ



「こら、逃げるな、おはようのキスもさせてくれないの?」


「……あ……/////」



目も合わせていられないほど恥ずかしいのか、視線は未だ泳がせたまま



こういう仕草も俺を煽ってるってこと、きっと自覚なんてないんだろう



「大人しくして?また襲うよ?」


「……なっ!!……んっ/////」



抗議の言葉ごとキスで飲み込んで、顔中にキスのシャワーを浴びせてやった



あまりのキスの多さに、ついには二人で吹き出してしまったけど



こんな朝も俺達らしくていいか、なんて




笑い転げる君を抱きしめて、幸せを感じずにはいられなかったんだ



























ご訪問ありがとうございます*ˊᵕˋ)੭

ポチッとしていただけたら妄想がばびゅんと爆走いたします\♡/

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村





関連記事
comments
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017-03-29 17:13:08 | [編集]

5206. Re: 眠れる森の美人❤︎ ち***様 さん
コメントありがとうございます(●´艸`)ムフフ
ユノさんの腕の中で目覚めるなんて♡
チャンミンは世界一の幸せ者ですよね〜
甘い甘い二人の朝はキスのシャワーで♡
もう勝手にして状態wwww
2017-04-01 00:37:49 | [編集]

. コメントの投稿
  • コメント
  • パスワード (入力すると、コメントを編集できます)
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL:http://yukision.blog.fc2.com/tb.php/1354-6c41a019
. プロフィール

紫苑☆

Author:紫苑☆
FC2ブログへようこそ!

. カテゴリ
. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR