FC2ブログ

苺な彼とビールな僕

. 彼が魅力的な理由 11



BL表現あり^ ^

大丈夫な方どうぞ~



~Dside~





今日はメンバーと新曲の打ち合わせで事務所にきてる



ユノもいるって聞いてスタジオを訪ねた



…ガチャ



…あれ?誰も居ないじゃん




いや、いた…窓際の椅子にヘッドホンをしたチャンミンが…



…え?…なんかめちゃくちゃ色っぽいんだけど…/////////



まるで別人じゃないか…///



俺が入ってきたのは全く気づいてないみたいで、トントンと指でリズムをとりながら何かを書き留めていた



長い睫毛にツヤツヤの肌、項から首筋のラインが綺麗で…


…//////



「お?ドンヘ入り口でなにやってんの?」



シウォンがやってきた



まさか、チャンミンに見惚れてたとは言えねぇな…



シウォンは中に入ると足を止めた



「…はーん…とうとう…///」




えっ?//////見惚れてたのがばれた!?




「ユノ効果ってやつか…」



…は?///ユノ?



俺じゃないのか…よかったー!!

いや、そーじゃなくて!!!




「ど、どーゆうこと?」



今度はどこからともなくヒチョルヒョンがやってきて




「…ヤッたんだよ…」




ニヤリと笑って得意げに言った





「…ちょ…ヒョン!!何言って…///」




これまたいつの間にかユノもいて…





…ヤッた…って…え?/////////





「おお!!ユノおめでとう!!!」




「バカ!ドンヘ声がでかいって///」



ユノが慌てて口を押さえる



モゴモゴモゴモゴモゴモゴモゴモゴ



あ、チャンミンが気づいた…///



そっとヘッドホンを外し、ドタバタやってる俺らのそばにきて


大きな目をくるくるさせて



「…ひょん達なにやってるの?」



クスクスとまるで華のように笑う////



…わ…やっぱり見惚れちまう、ユノ効果すげぇ///



「ドンヘ見過ぎ!!!」



「わっ!!やめろって!」

ユノに目隠しされた(笑)




ったく…どんだけ溺愛だよ///





















続きを読む

. 彼が魅力的な理由 10



BL表現あり^ ^

大丈夫な方どうぞ~





~Yside~



2人で同時にイった後、チャンミナは意識を飛ばしてしまった



汗で濡れた前髪を撫でる



目尻に浮かぶ綺麗な雫を、唇でちゅっと拭った



「…チャンミナ…愛してる!」




意識のない体を抱き締めて、優しくキスを落とした





翌朝目覚めたチャンミナは…

顔を真っ赤に染めてベッドから逃げようとしたけれど



ヘナヘナと座り込んでしまって…



そっとベッドに戻して、桜色に染まるその背中を抱き締める




「…チャンミナ…ありがとう…愛してる」



そう伝えると




耳を更に赤くして俺の腕をきゅっと握った…




~Cside~




…やっとひょんと一つになれた



恥ずかしさでどうにかなりそうだ//////




でも、僕も伝えたい…




僕を後ろから抱き締める腕の中

くるりと向き合って…



「…ユノ…僕も…愛してます…」



ぎゅっと首に手を回した




…初めて名前で呼んだ…!!



ひょんは…



目を丸くして顔は真っ赤で




「チャンミナやばい//////もう一回名前呼んで!!!」




ぎゅうぎゅうと抱き締められて




…だから、これじゃ喋れないって/////////




「…んっ…ひょ…///」




ほどなく降りてくる赤い唇に

結局何も言えないまま口を塞がれた///



























続きを読む

. 彼が魅力的な理由 9


BL表現あり^ ^

R18です♡

大丈夫な方どうぞ~




~Yside~




後ろの蕾をそっと撫でるとチャンミナは固まってしまった



サイドボードからローションを取り出す



自分の服も一気に脱ぎ捨てた



蕾は固く閉ざされていたけど、ローションの力を借りて徐々に解していく



「…んっ///」




痛いのか力は入ったままで…

「…チャンミナ…力抜いて…」



耳元で囁いた



左手で奥の蕾を解しながら右手はチャンミナ自身を扱く



ゆるゆると蕾は花開こうとしていた




…俺も限界だな




思ったより余裕のない自分に苦笑しながら




「…チャンミナ…挿れるよ?」




両脚を開いて肩へかけた







~Cside~





今まで感じたことのない感覚



誰にも触られたことのないそこを、ゆるゆるとひょんは開いていく



ヌルヌルと前に与えられる強い快感




「…んっ…あっ…ひょ…///」




…僕どうなっちゃうの?///



ちゅっ……優しく落とされる唇



「…挿れるよ…」



ひょんの顔は切なげで…




僕はぎゅっと瞳を閉じた




ぐぐっと大きな質量のものが僕の中に入ってくる



ゆっくりと…




「…あっ…あああっ…!!!」




最初は熱くて痛くて…

涙がポロポロと零れた




「…チャンミナ…好きだ…愛してる」





耳元で繰り返す甘い言葉


幾度となく落とされる唇




ゆっくりとひょんが動き始め

痛みと快感が入り混じる




「…あっ…あっ…ひょん…好き…」




ひときわ強くなる僕自身を扱く綺麗な指


思わずひょんの背中に爪を立てた




「…んっ…やっ…イクッ////」




ビクビクと反り返る体




僕が熱を放った後




「…くっ…チャンミナ…!」




ひょんも僕の中に熱を放った







続きを読む

. 彼が魅力的な理由 8



BL表現あり^ ^

R18です♡

大丈夫な方どうぞ~



~Yside~




首に手を回すのはイエスのサイン?


俺の肩に顔を埋めるその柔らかい髪に唇を落とす




そのまま抱き上げて俺の部屋に向かう



「…あっ…ひょん///降ろして…」



…離さないよ



そのままベッドになだれ込む



両肘を立てて腕の中に閉じ込め、深く深くキスをした



…ちゅっ…ちゅっ…




脇腹から素肌を撫で上げ、いっきに胸の突起を刺激する



「…んっ///」




Tシャツを捲り上げ硬くなった突起を強く吸った




「…ああっ…やっ…////」




反り返る体を起こしてTシャツを脱がせた


優しくキスを落としながらそっと寝かせて、足の間に俺の太腿を割り込ませる





ぶつかり合うチャンミナの中心と俺の中心





お互い切ないほど熱を孕んで膨れ上がっていた





~Cside~





とてつもなく恥ずかしいのと…



ちょっと怖いぐらいのひょんの熱に戸惑っていた…



…どうしよう///




ひょんは身体中に唇を落として僕の中心を撫で上げた




「…んっ…やっ…///」




やっぱり女の子みたいな声がでてしまって思わず口を押さえる



「チャンミナ?もっと声聞かせて…」



黒目がちの瞳で



「チャンミナ…好きだ」



その赤い唇で…



「…俺だけのものになって」



そのきれいな指で…




目眩がするほどの愛撫を繰り返す




スルリと僕の下着を剥ぎ取る





僕の中心はひょんの口に捉えられた



「…んんっ…あっ…あっ…やっ…///」



思わず身を捩る…


痺れるような甘い刺激


ひょんは僕自信を強く吸い上げた



「…あっ…イッ…ひょ…んっ…!」



あっという間に達してしまう…



ハアハアと肩で息をする僕に




「…チャンミナ?触るよ…」




そう言って後ろの蕾をくるりと撫でた






続きを読む

. 彼が魅力的な理由 7

BL表現あり^ ^

R18指定です♡

大丈夫な方どうぞ~




~Yside~




俺の余りの勢いに目を丸くして



「ひょん?どうかしましたか?」



心配そうに近づいてきた丸い後頭部を抱き寄せる



「…チャンミナ…いつから俺のこと好きだった?」



そっと体を離して顔を覗き込む



「…え?///」




見る見る赤くなって潤んだ瞳を泳がせる




「…教えて?」



…ずっと俺を見てきたの?




俺の切羽詰まった様子に困惑しながら、でもしっかり目を見て



「…多分…初めて会った時からです」



…俺、お前に酷いこと言った



「最初はキツイこと言われて辛かったけど…ダンスするひょんから目が離せなくて」



…ずっと隠してた?



「気付いたら目で追ってて…ずっと…
憧れてたんです…」



…チャンミナ



「LOVEの好きってわかったのは随分後ですけどね///」



…愛してる




「ストーカーみたいでしょ?///」




恥ずかしそうに俯いてしまった







~Cside~




なんで急にそんなこと聞くんだろう///




ぎゅうぎゅうに抱きしめられる腕の中で思った…




ひょんは僕をソファーに座らせて跪いた



「チャンミナ…愛してる…」



僕の両手に唇を落とした…

なんだか誓いのキスみたいだ//////



指の一本一本に唇を落としていく

丁寧に丁寧に



あ…綺麗///

その様子にうっとりと見惚れていると



にっこりと笑って近づくアーモンドアイ



ちゅっ…



最初は啄ばむように軽く…




唇をペロリと舐められひょんの舌が入ってくる



角度を変えて、何度も何度も舌を絡めあった



…ちゅっ…ちゅっ…




「…んっ///」



思わず漏れる声




体の芯がズクンと疼く




ひょんの手がさわさわと僕の体を撫で始める



黒目がちな瞳をゆらゆらと欲で濡らして



「…チャンミナ、欲しい」



「…///」



「俺に全部ちょうだい?」



…ひょん…




そんな目で見られて断れる人なんて居ないよ…






僕はそっとひょんの首に手を回した












続きを読む
. プロフィール

紫苑☆

Author:紫苑☆
FC2ブログへようこそ!

. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR