FC2ブログ

苺な彼とビールな僕

. 好きになってもいいですか? 76






~Mside~




「おはようユノさん、パン持ってきたよ~」


「おう、ミノ!!ありがとう、今朝は冷えるな」



最近のユノさんは優しくなったと評判で、まあ、うちの身内での話なんだけど


それってやっぱり恋人が出来たからで……



「あ、ミノさんおはようございます/////」


「やあチャンミンおはよう、今日は大学じゃないの?」


「朝だけ手伝いに来たんです、あ、今あったかいの入れますね?」


いそいそとコーヒーを用意してくれるチャンミンは、これがまた最近綺麗になったと評判で(笑)


あんまり詳しくは聞いてないけど、2人の様子をみれば、その……めでたく結ばれたってことなんだろうか


入った時からイケメンだったけど、こんなにキラッキラじゃなかったよな、いや、ほんと愛って偉大だよ


「チャンミン外の掃除は終わったの?寒かっただろ?」


「あ、これくらい平気です♡ユノさんもカフェラテ飲みますか?」


「頬っぺた冷たくなってる」


「……ユ、ユノさん…あの…/////」



カウンターの中でデカイ男が2人で見つめあっちゃって、全く俺の存在はかき消されてるわけだけど(笑)


「ね~俺のコーヒーは?」


「あ!!ごめんなさい、すぐに入れます!!/////」


「なんだミノ、邪魔するな」


「はいはい、朝からごちそうさま!!コーヒー飲んだらとっとと退散するって」


「……ユ、ユノさん、そんな事いっちゃ……あ、お客さんだ、いらっしゃいませ!!」



いつも通りの騒がしい朝だけど、こんな甘い2人を見ているのも悪くないな、なんて



僕ってなんて寛大なんだろう



今日も『Duet』は愛に溢れてる、ちょっと胸焼けがするくらいのね(笑)





















続きを読む

. 好きになってもいいですか? 75







~Yside~





チャンミンと付き合い始めて、最初はこんな俺を受け入れてくれるのか不安だったけど、2人でいることがとても自然で…正直驚いている



ちょっと厄介な能力だって悩んだ時期もあったのに、君の前では全く気にせずにいられて…



2人で体を重ねて、気持ちを確かめ合った筈なのに、やっぱりまだ君の不安は消えないみたい



でもね、それは俺も同じなんだ



だって日毎に綺麗になっていく君はキラキラと輝いて、魅力に溢れていて、沢山の人を虜にさせる



気付いてないのは本人ばかりで、俺は今日もアンテナを張って君を見張らなきゃいけない(笑)



「……ユノさん、見すぎです/////どうかしましたか?」


「ふふ、君が可愛いから仕方ない」


「……っ!!あ、あの……オーダー入りますから/////」


「了解、チャンミン今日うちくるよね?」


「……へっ?/////」



俺の言葉に全身を真っ赤に染めて、フリーズしてしまう君が愛おしい



【……ユノさんてばやっぱり意地悪だ、今そんなこと言ったらコーヒー零しちゃうかもなのに……/////】



「ふふ、やっぱり可愛い」


「……ま、また!!/////カフェラテ二つ、ホットです」


「はいよ」



狭いカウンターの中で身を寄せ合って、2人でふざけあって笑いあって、そんな風に毎日が過ごせたら……



まだ俺達は始まったばかり

ゆっくりと2人の時を刻んでいこう

きっと幸せになれるから





カフェ『Duet』は今日も心温まるコーヒーをお出ししております



お近くにお越しの際は是非一度お立ち寄りください






















続きを読む

. 好きになってもいいですか? 74








~Cside~





ユノさんと1つになった次の日、本当は出かける予定だったけど、僕がその……動けなかったから、やめにしてもらって/////


凄く申し訳なくて、ちょっぴり落ち込んでいたら


『俺のせいだから』


って、熱っぽく言われてしまって、なんだかまた体が熱くなってしまいそう/////


実は2人でイッた後、ユノさんは大きいままで、僕はもう一度揺らされてしまったんだ


『可愛すぎる君が悪い』


なんて、僕を見下ろして切なそうに見つめられたら……/////



腰が抜けたようにフニャフニャになってしまった僕は、ユノさんに抱えられるように部屋を移動しなきゃいけなくて、本当に情けないっていうか……


お昼まではベッドで過ごして、ユノさんの作ってくれたチャーハンを食べて、昼からは家で昨日の続きのDVDを見たりして


2人で目が会うたびに照れ臭くて、微笑みあっては数え切れないほどのキスをした



「チャンミンって思ったよりエロいよね?」



そんなこというユノさんはちょっぴり意地悪だと思うけど、それってユノさんのせいだよね/////


「ふふ、じゃあ責任取らなきゃね」


「……っ!!また!!……あっ……も、ダメ……/////」


「ちょっとだけ……ね?」


「……あっ……あん……/////」



結局途中でまたそういう事になっちゃって、いつまでたってもDVDの続きは見れない僕達だったんだ






















続きを読む

. 好きになってもいいですか? 73





*R18です♡

~Yside~




「チャンミン全部入ったよ」



ぎゅっと目を閉じたまま浅く息を吐くチャンミン、そっと髪を撫でてやるとゆっくりと瞼を開いた


宝石のような瞳からは今にも涙が溢れそうで、それでもふわりと微笑む君が愛おしい


「……ユノさ……/////」


「ん、チャンミンの中あったかい」


「……そ、そんなこと……いわな……/////」


「動くよ?ちゃんと見てて」


最初は苦しげに顔を歪ませていたけど、キスをしながら少しずつ腰を揺らすと、甘い声をあげるから止まらなくなる



ねえ、チャンミン、ちゃんと見ていて欲しいんだ



……男同士でも愛し合えるってこと


体はそうなっていない筈なのに、俺たちは今重なりあって蕩けあって…



大好きだって体ごと伝えたい

心も体も1つになるってこういうことなんだ



君の中は今まで経験したことがないほどに気持ちよくて、すぐにもっていかれそうになる


絡めた指に力が入り、不安げに見上げる君の心が聞こえてくる



【……本当に僕で気持ちいい?/////】



ああ、君は俺を煽る天才だね、質量を増した俺自身はもう既に限界を超えていて



「……ああっ……や……も……はぁっ……!!」


「チャンミン愛してる……くっ…」



俺の手の中で君が熱を放つと、艶めかしく震える腰をがっしりと掴んで、君の中へと熱を放ったんだ


















続きを読む

. 好きになってもいいですか? 72






*R18です♡

~Cside~





何がどうなっているのか……僕はただ、ユノさんに与えられる刺激に身を委ねることしか出来なくて



僕のソレはユノさんの口にすっぽりと咥えられて、その上ユノさんの指が僕の奥へと入ってきて…/////



最初は違和感しかなかったのに、徐々に快感へと変わる不思議な感覚、クイと指を折られると…僕は簡単に1度目の熱を放ってしまった



「……気持ちいい?」


そんな風に聞かれても、ハアハアと肩で息をする僕はただ頷くことしか出来なくて/////


……今の何?僕の体どうしちゃったの?



「大丈夫、もっと気持ちよくするよ」


「……っ!!/////」



こんな時でもバレてしまう僕の心は、誤魔化しきれないほど蕩けてしまっていて、もうあなたのされるがままで



……僕はユノさんに何もしてあげられないのに/////



「……そんな可愛い事言って、知らないよ?」


「……だ、だって……んっ……あっ!!/////」



増やされる指は僕の中を掻き回し、徐々に解されていくのがわかる/////


怖くて伸ばした指は絡め取られ、一本一本にキスが落とされていく



「チャンミン、挿れるよ?」



2度目の熱を放った後、朦朧とする僕の耳元で囁く甘い声、熱い塊が僕のソコへと充てがわれた



「……あっ……や………はあっ……!!」


「ん、力抜いて?」


「……ん……ああっ/////」


「チャンミン好きだ」



質量の大きな物が僕の中へと入ってくる、痛いというよりは熱くて堪らない……!!



僕はぎゅっと目を瞑って、ユノさんにしがみつくことしか出来なかったんだ




















続きを読む
. プロフィール

紫苑☆

Author:紫苑☆
FC2ブログへようこそ!

. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR