FC2ブログ

苺な彼とビールな僕

. はじめにお読み下さい




はじめまして\(//∇//)\

このブログの管理人『紫苑☆』ともうします。


ホミンちゃんに魅せられてホミン小説を読み漁る日々、とうとう自分でも書きたくなり、このブログをはじめました♡


ホミンちゃんの名前をお借りしての妄想小説になります♡


BL表現、R18ありです。

閲覧は自己責任でお願いします^ ^



閲覧後の苦情はご勘弁くださいね




ホミンちゃんを取り巻く仲間達もたくさん出てきますがすべて管理人の妄想ですのでご理解いただきますようお願いします。


また、素人の為かなり稚拙な文章となっておりますのでご了承ください。



リアル、パラレルも色々書いてみようと思っております♡
基本、2人をイチャイチャさせたい、変態プレイもさせたいと思っております。



ご理解いただける方のみご覧ください。



ひとり言のような私のお話でも読んで頂けたら幸いです\(//∇//)\



以前はツイッターにて更新のお知らせをしておりましたが、今は定期更新のためお知らせはしておりません^ ^


それでも興味のある方はこちらへどうぞ(///ω///)←



ここやで♡



*2016,03,23 訂正致しました!!なんと間違えてました(汗)



普段はインスタの方に入り浸ってますが( ;∀;)←

↓↓↓↓

インスタはここやで♡




宜しければ遊びに来てくださいませ~☆


ランキングバナーはAli様に作っていただいております♡
いつもありがとうございます(*ノ∀ノ)


こちらも是非覗いてくださいね♡

↓↓↓

ホミンを愛でるAliの小部屋




2015,08某日 紫苑☆


2016,03,23 訂正しました
続きを読む

. 僕の彼氏はバンパイヤ 2











~Cside~









「え?隣のひとが?」



「そうなんだよ、いきなり訪ねてきてさぁ」



「血を吸わせてくれって?何それ、バンパイヤじゃん」



「映画やドラマじゃあるまいし、きっと変態だよ!!」



「ぷっ、変態って、あははは」








大学のカフェテリアでテーブルに突っ伏して大きく溜息をつく僕




そして僕の目の前でゲラゲラと笑ってるのは親友のキュヒョンで、講義の合間に例の奴の相談をしようと連れてきたわけだけど





なんだよ!!そんなに笑うことないじゃん!!




あの変態がやってきてから僕の平穏な生活は乱されてばかりで





とにかく顔を見るたび血を吸わせろだの、真剣に考えて欲しいだの!!





なんだよ!!血を吸わせることを真剣になんて考えれるわけないじゃないか!!





そんな変なことばっかり口走る割にはやけに紳士だし、イケメンだし!!





こないだは高級なお菓子とか持ってきて!!





そんなので釣られるわけないじゃん!!


一体僕をなんだと思ってるんだ!!






「でもさ、本当にバンパイヤだったら面白そうじゃん」



「はあ?他人事だと思って」



「まあまあ、門前払いばっかだと解決しないし、一度事情を聞いてみたらどう?」





なるほど、確かにキュヒョンの言うことも一理ある




でも相手は変態!!何されるかわかったもんじゃないのに!!






「怖いならついて行ってやるからさ、な?」



「お前、絶対面白がってるだろ?」



「ふふん、ばれたか(笑)」



「キュヒョン!!」







カフェテリアで爆笑するキュヒョンを睨みつけながら、やっぱり溜息しか出ない僕だったんだ






































続きを読む

. コメントお礼と雑談













読者の皆様こんにちは、このブログの管理人紫苑☆です\( ˆoˆ )/








昨日は『しなやかに眠れ』に沢山のコメントをいただきありがとうございました(*´∀`*)ノ。+゚ *。






思った以上に捨て猫チャンミン気に入ってもらえてよかったです!!





『続きが読みたい!!』


『ここで終わり!?』


『紫苑☆さんドSなん!?』





などなど嬉しいお言葉をたくさん頂きまして♡





喜びに満ちております、はい(ノ∀\*)キャ←単純ww





自分でも気に入ってる二人なのでまたまた書かせてもらいますね~





もっとイチャイチャさせてあげたいですしね~

こちらのユノさん大人やし(///ω///)←







さてさてこの後は雑談です←






日産からもう1週間が経ってしまいましたね~






もうすでにホミンロスです、はい( ; ; )






チャンミンはイタリアでナンパされてるし←

ほんま可憐すぎて心配( ̄▽ ̄)







なんなんあの可愛い子

ほんま無理←何がww





ユノさんも帰ってきましたね\(//∇//)\






私は土日参戦だったのですが気温差が凄かった^^;







最終日は強雨でしたがそれを払拭するほどのパフォーマンスは圧巻でした






これぞまさに東方神起!!

最高でした(*´ー`*人)






そしてそして






今回はとあるブロガー様からお誘いをいただきランチ会などに行ってきました(*ノ∀ノ)





色んな方々に達にお会いすることができて本当に貴重な時間でした~






オフ会などにも参加いたしまして、声の枯れるまで騒いで参りました♪( ´▽`)






ホミンについて語り出すと止まらないですよね♡







今回は特別にミーグリなどは告知しておりませんでしたが、希望があれば次のツアーなどで募集しますね~





私に会いたい人おるかな( ;∀;)←

おらんかも←






いや、まずチケット当てんとあかんねwww






























お会いできた方々に感謝!!


トンペンさんって本当にあったかい+゚。*(*´∀`*)*。゚+








ではでは



雑談にお付き合いいただきありがとうございました







紫苑☆























続きを読む

. 溢れる想い 18










~Yside~









「は?飯?」



「ええ、次の休みにってシウォンさんから……」







そう言って困ったように眉を下げる愛おしい人






聞けばシウォンって奴に飯に誘われたんだとか、そんなの速攻で断ってくれればいいのに!!






断りきれなくて保留にしてきた、とか!!






迎えに言った先でシュンとしてそんな話をされたら、無意識に不機嫌な顔になっちまうし





ハンドルを握る手にも力が篭っちまうよ!!






「………ユノ、さん?」



「チャンミンは無防備過ぎ!!」



「あの………怒って……?」



「怒ってないけどイライラしてる」



「……ご、ごめんなさい///」







チャンミンの仕事終わりにこんな事言いたいわけじゃないのに、俺って本当に心が狭い






とりあえずは車を飛ばして家まで帰ると、黙ったままの君の手を引いてエレベーターのボタンを押した






沈黙が辛いのかチラチラと俺を伺うバンビアイ、ああ、好きすぎてどうしていいかわからないほど







玄関のドアが閉まると同時にぎゅっと抱き寄せて、真っ赤になった耳元でそっと呟いた







「今日泊まっていけよ」



「………え?///」







俺の言葉に驚いて眼を見張る君を抱き締めて、息もできないほどのキスをしてやったんだ


























続きを読む

. 僕の彼氏はバンパイヤ 1













~Cside~










『あなたの血を吸わせて貰えませんか?』








………その人はニッコリと笑って確かにそう言った











僕の名前はシム・チャンミン、今は親元を離れて大学に通っている






このオンボロアパートに住んでもう2年、近くには墓地もあってなかなかの雰囲気で、そのお陰か家賃が安くて助かってるんだよね







なのに1週間ほど前一つ問題が起きた









それは………バイト終わりの日曜の夕方の事だった









訪ねてきたのは隣に越してきた独身の男性で、確かチョンとかいう名前だったと思う






貧乏学生が集まるこのアパートに、やけにスッキリした身なりの紳士が越してきたってみんなが騒いでいたのは知っていたけど





まさかうちに訪ねてくるなんて思いもしなかった






で………今なんて?






「………はっ!?///」



「あなたの血を吸わせて欲しいって言ったんです」






目の前に立ってる人のあまりに屈託のない笑顔にフリーズしてしまう僕






初めましての挨拶にしては随分とショッキングだと思うけど





もしかしたら危ない人なのかも……!!







「……あの?」




「ご、ごめんなさい!!僕そういう趣味ないんで!!」



「……ちょっ?」






何か言おうとするその人の言葉を遮るように、僕は部屋のドアを勢いよく閉めたんだ























続きを読む
. プロフィール

紫苑☆

Author:紫苑☆
FC2ブログへようこそ!

. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR